尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成26年度山の鼻ビジターセンターの閉所及び橋板取り外し作業(11/9-11)

尾瀬国立公園では、10月中旬頃から山小屋等は営業を終えていきます。

この時期になると入山者も少なくなりますが、
静かな尾瀬を求めて、まだまだ入山される方がいます。

このため、ビジターセンターは閉所していますが、
公衆トイレの管理や入山者への緊急時の対応のために、
ビジターセンターに交代で常駐しています。

上田代から燧ヶ岳を望む
11月8日の様子

道路が閉鎖されるのは11月の上中旬のため入山することは可能ですが、
尾瀬ヶ原の橋は道路閉鎖の前でも順次撤去されます。

また、周囲との連絡が取れなくなるため入山には注意が必要です。

そして、道路閉鎖に合わせてビジターセンター・公衆トイレの閉所作業を行い、
尾瀬は長い冬の眠りにつきます。

下ノ大堀川橋の橋板撤去
下ノ大堀川橋の橋板撤去作業

ビジターセンター閉所作業
ビジターセンター閉所作業

昨年度は、ほぼ同時期に50~60cmほど雪が積もり大変な中で下山をしたようです。
しかし今年度は、天気に恵まれて順調に作業を終えることができました。

山の鼻ビジターセンター閉所
山の鼻ビジターセンター閉所

今シーズンを過ごしたビジターセンターともしばらくお別れです。

今月末にも、閉鎖後のビジターセンターや公衆トイレ等の点検のため再び尾瀬に入る予定です。
次回は、冬の尾瀬を紹介します。

担当:宇野
  1. 2014/11/18(火) 10:01:45|
  2.   施設管理

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。