尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成26年シーズンの至仏山残雪調査を行いました

期日:平成26年4月18日(金)
天候:キリときどき雨

至仏山保全対策会議(事務局:尾瀬保護財団)による至仏山の残雪調査(現地調査)が実施されました。

至仏山の残雪調査は、この時期に至仏山を登り、滑る、全ての方が安全に下山できるよう、
また、なによりも至仏山の貴重な植生を傷つけることがないよう、
残雪期の至仏山の利用方法を決めるために毎年行っている合同の現地調査です。

その時のようすを御紹介します。

(写真1)15名の出席者
雨の中、15名の出席者がそれぞれスキー・スノーボード・スノーシューなどの用具を使って進みました。
H26 至仏山残雪調査( 4/18)

(写真2)案内看板の運搬
24日の道路開通に向けて設置する、案内看板を背負っての登山でした。
H26 至仏山残雪調査( 4/18)

(写真3)悪天候
オヤマ沢田代より上部では、キリが深く、先行者を見失いそうになることがありました。
H26 至仏山残雪調査( 4/18)

(写真4)高天ヶ原(重点植生保護区域)を望む
積雪量の少ない高天ヶ原は、この時期でも露岩・ブッシュが多く、スキー・ボードでの滑走には向きません。
高天ヶ原は「重点植生保護区域」となりますので、立ち入らないようにしてください。

H26 至仏山残雪調査( 4/18)

(写真5)調査直後の会議
調査が終了し、下山してから戸倉で会議を開催し、今シーズンの残雪期利用ルールを検討しました。
H26 至仏山残雪調査( 4/18)


今シーズンの残雪期利用ルール(滑走ルートの紹介等)については、
別のブログ「すいすい尾瀬なび(平成26年シーズンの至仏山ルール)」
お知らせしています。

最後に気になる積雪深は次のとおりでした。
・鳩待峠 220cm(昨年同日 178cm)
・第1ピーク手前 240cm(同 182cm)
・第1ピーク奥 300cm(同 311cm)

担当:西嶋
  1. 2014/04/30(水) 18:40:47|
  2.   環境保全

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。