尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成24年度尾瀬自然ガイド更新講習(3回目)を開催しました

今年度最後の「尾瀬自然ガイド更新講習」を開催しました。
この講習会は、尾瀬自然ガイドに認定された方々を対象に、認定期間3年を延長するために必要なものです。
プロガイドとして活動する尾瀬認定ガイドたちは、尾瀬の適正利用を牽引する役割なので、
尾瀬の事だけでなく、参加者とのコミュニケーションや、社会的な動きなど、常に高いモチベーションを持って学ぶ必要があります。

と、いうことで講習会の雰囲気を写真で紹介。


20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習DSC09108 20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習DSC09127

(左)尾瀬ガイド協会の塩田会長から開会の挨拶。尾瀬自然ガイドには自然の知識だけでなく、参加者とのコミュニケーション能力と伝える力が必要であることを話されていました。
(右)過去2回の講習会と同様に、「尾瀬で見られる哺乳類(講師:原田ツキノワグマ対策員)」をまずは行いました。植物の知識はある程度みな持っていますが、哺乳類となると・・・ガイドと言えども実際に見る事が少ないだけに、みな真剣に聞き入っていました。


20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習DSC09128 20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習DSC09136

(左)次は「尾瀬自然ガイドに必要な能力・技術 ~自然解説編~(講師:安類認定審査委員)」 ツアー参加者が求めている事と、それに対して的確に答え、伝えるための技術について説明を行いました。
(右)休憩をはさんで、いよいよ「コミュニケーションスキル・ワークショップ(講師:長内認定審査委員長)」がスタート。参加者アンケートを使って、まずはブレインストーミングを行い、この講習会の目的を明確にしました。


20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習P1100889

初日は夜遅くまで講習会が続きます。
少し場がこなれてきたので、参加者から日常的なガイド活動を行っている上で、問題意識などをフリートークで進行しました。
その中で、話題の中心は「顧客満足度をどう高めるか?」という点に集約されていました。


20120902~03第3回尾瀬自然ガイド更新講習P1100914

翌日は大快晴!
気持ち良い朝日の中で集合写真を撮ったあとは、3班に分かれてコミュニケーションスキルや顧客満足度を高める視点に立ったガイディングについて、ケーススタディトレーニングを行いました。


こうした尾瀬認定ガイドたちが、たくさんの尾瀬登山者に尾瀬の大切さや不思議さ、そしてその価値を伝えられるよう日々トレーニングを行っています。






担当:安類(あんるい)
  1. 2012/09/12(水) 16:07:26|
  2. 尾瀬ガイド協会

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。