尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

移動尾瀬自然教室を実施しています

尾瀬保護財団では群馬県から委託を受けて、移動尾瀬自然教室を実施しています。

尾瀬のシーズン中は現地のビジターセンターに常駐している職員が、シーズンオフの冬季に、
群馬県内の小学校・中学校を対象に尾瀬の自然のしくみや、自然と人とのつながりから、
私たちが自然を守るためにできることなどを伝えることを目的として実施しています。

今回は12月は2校目となる、安中市の小学校におじゃましました。
移動教室

プロジェクターの映像を中心に、
ワークシートや尾瀬の生き物の毛皮やぬいぐるみなどを用いて楽しく学んでもらいます。

移動教室ぬいぐるみ
尾瀬にはいろいろな動物たちがいます。
その中でもやはり、子どもたちにはオコジョやヤマネが人気者のようです。
茶色のオコジョと白いオコジョのぬいぐるみ、色が違うのは?
シカの頭骨やウサギの毛皮の肌ざわりなど実際に触って学んでもらっています。

群馬県では、群馬の子どもたちに一度は尾瀬に訪れてもらいたいと、
小中学校を対象とした「尾瀬学校」事業を実施しており、
県内の6割近くの子どもたちが参加しています。

この移動尾瀬自然教室では、まだ尾瀬を訪れたことのない子どもたちを対象に、
まずは尾瀬がどんなところかを知ってもらうこと、
こんな仕事もあるんだと知ってもらうことを意識しながら、授業を行いました。

これからシーズン入りする前の3月まで、県内の学校を回ります。

くわしくは群馬県のHP
「移動尾瀬自然教室の募集」
「群馬県では尾瀬学校を推進しています」
をごらんください

担当:大泉
スポンサーサイト
  1. 2014/12/22(月) 15:41:22|
  2.   環境教育

尾瀬ガイド協会群馬支部研修が開催されました!

12月7日(日)、赤城山麓にて尾瀬ガイド協会群馬支部の研修が開催されましたので参加してきました!
参加したガイドさんは40名ほど。
今回のテーマは「尾瀬学校から環境学習、自然体験活動を考える」こと。
群馬県が行っている「尾瀬学校」は開始から7年が経ち、参加する学校・生徒の数は増えています。
しかし、なんのための尾瀬学校なの?という原点を再確認しないと、なんとなく尾瀬にいってきた、で終わってしまいます。
目的や教育上のポイントを学校側に委ねるだけでなく、認定ガイドの側も環境学習や自然体験活動の思想や実践方法について学び、尾瀬学校での子どもたちのガイドに生かしていければいいですね!


1207sibukenshu-g01.jpg

午前中は屋内での座学やオリエンテーションを行い、午後は野外でのネイチャーゲームを実際に行いました。
刺すような冷たい風の中でしたが、環境教育の出発点ともいえる「自然に対する気づき」の大切さを実感することができたのではないかと思います。
1207sibukenshu-g02.jpg


参加したガイドの皆さん、寒い中おつかれさまでした!
講師の群馬支部長・剱持さんもおつかれさまでした!

(担当:長谷川)
  1. 2014/12/08(月) 09:56:39|
  2. 尾瀬ガイド協会

H26年度第一回冬期調査(11/27-28)

11月27日~28日に1泊2日で第一回冬期調査を実施しました。

前回の作業から約半月が経ちました。
前回の作業は、下記のURLをご確認下さい。
平成26年度山の鼻ビジターセンターの閉所及び橋板取り外し作業(11/9-11)

今回は、その後の公衆トイレ、橋の状況を点検、調査するために尾瀬に入りました。
その時の冬の尾瀬の様子を紹介します。

鳩待峠の様子
【鳩待峠の様子】
現在、尾瀬に通じる道路は閉鎖されていますが、
特別に許可をもらい工事関係で除雪されていた鳩待峠まで入ることができました。
またこの時、鳩待峠には20cm程の積雪がありました。

鳩待峠~山ノ鼻間の様子
【鳩待峠から山ノ鼻間の様子】
山ノ鼻へ向かう登山道にも雪があり、木道もよく分からなくなっています。
また一部凍結も見られ、滑らないように普段より慎重に歩きました。

山の鼻ビジターセンター
【山の鼻ビジターセンター】
約半月ぶりのビジターセンターです。
思っていたよりも、雪は多くはありませんでした。

凍る池塘
【凍る池塘】
尾瀬ヶ原では、木道上の雪はほとんど溶けていましたが、
池塘の多くは凍結していました。

橋
【下ノ大堀川橋】
尾瀬ヶ原の橋は、橋板が外されているため橋桁を慎重に渡らなければなりません。

冬の尾瀬
【至仏山の様子】
至仏山もすっかり白くなりました。
どのくらいの積雪があるのか気になります。

シカの足跡
【シカの足跡】
こちらは、ビジターセンター前で撮影したシカの足跡。
雪が少ないせいか、まだ尾瀬の中にシカが残っているようです。

今回は思っていたほど雪もなく、
天気も大きく崩れることなく無事に終えることができました。

次に尾瀬に入るのは、来年の3月を予定しています。
また作業後に、その時の様子とより厳しい冬の尾瀬を紹介します。

担当:宇野
  1. 2014/12/01(月) 12:01:12|
  2.   施設管理

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。