尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セーブオン様からご寄付をいただきました。

2014年11月20日(木)、(株)セーブオン様から122万4,535円のご寄付をいただきました。
今回のご寄付は2014年5月13日~6月23日および9月1日~30日の間、群馬、新潟、福島県内のセーブオン全店舗において、尾瀬環境保全募金を実施していただき、その募金額をご寄付いただいたものです。
寄付金受納式は群馬県庁で行われ、まず(株)セーブオン 総務部危機管理部長 関松男様からご挨拶をいただいた後、目録が青木常務理事(群馬県環境森林部長)に贈呈され、続いて青木常務理事から感謝状と記念品のパネルをお渡ししました。

P1020270res.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/11/20(木) 15:23:10|
  2.   寄付等

平成26年度山の鼻ビジターセンターの閉所及び橋板取り外し作業(11/9-11)

尾瀬国立公園では、10月中旬頃から山小屋等は営業を終えていきます。

この時期になると入山者も少なくなりますが、
静かな尾瀬を求めて、まだまだ入山される方がいます。

このため、ビジターセンターは閉所していますが、
公衆トイレの管理や入山者への緊急時の対応のために、
ビジターセンターに交代で常駐しています。

上田代から燧ヶ岳を望む
11月8日の様子

道路が閉鎖されるのは11月の上中旬のため入山することは可能ですが、
尾瀬ヶ原の橋は道路閉鎖の前でも順次撤去されます。

また、周囲との連絡が取れなくなるため入山には注意が必要です。

そして、道路閉鎖に合わせてビジターセンター・公衆トイレの閉所作業を行い、
尾瀬は長い冬の眠りにつきます。

下ノ大堀川橋の橋板撤去
下ノ大堀川橋の橋板撤去作業

ビジターセンター閉所作業
ビジターセンター閉所作業

昨年度は、ほぼ同時期に50~60cmほど雪が積もり大変な中で下山をしたようです。
しかし今年度は、天気に恵まれて順調に作業を終えることができました。

山の鼻ビジターセンター閉所
山の鼻ビジターセンター閉所

今シーズンを過ごしたビジターセンターともしばらくお別れです。

今月末にも、閉鎖後のビジターセンターや公衆トイレ等の点検のため再び尾瀬に入る予定です。
次回は、冬の尾瀬を紹介します。

担当:宇野
  1. 2014/11/18(火) 10:01:45|
  2.   施設管理

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。