尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬ガイド協会の群馬支部研修会が行われました!

本日5/23(金)は、尾瀬ガイド協会の群馬支部研修会として、鳩待峠~山の鼻間の除雪研修が行われました。
参加したガイドさんから財団事務局に届いた報告によれば、

「今年の除雪作業は例年に比べて融雪が進んでおり、尾瀬認定ガイド総勢42名の協力により作業も順調で した。」

とのことです。
大変おつかれさまでした。

これで今年の尾瀬シーズンもいよいよ本格的な幕開けになりますね!


DSCN8817.jpg


担当:長谷川
スポンサーサイト
  1. 2014/05/23(金) 20:22:10|
  2. 尾瀬ガイド協会

福島銀行様からご寄付をいただきました。

 2014年5月13日(火)株式会社福島銀行様から、平成24年11月に発売された「ふくぎんエコ定期『みんなの尾瀬』」の平成26年3月末現在の残高の0.01%に相当する、797万円余のご寄付をいただきました。
 寄付受納式は福島県庁で行われ、まず福島銀行 森川社長から目録が佐藤副理事長(福島県知事)に贈呈され、続いて佐藤副理事長から感謝状と記念品の写真パネルが渡されました。
 同行からはこれまでもご寄付をいただいており、今回のご寄付を含めると、ご寄付の累計額は1,653万円余となりました。

014.jpg
  1. 2014/05/23(金) 17:18:58|
  2.   寄付等

平成26年シーズンの至仏山誘導ポールの点検作業を行いました

期日:平成26年5月2日(金)
天候:キリのち晴れ

連休後半が始まる前に、設置した案内看板及び誘導ポールの点検を行いました。
また、鳩待峠の案内看板に取り付けてある案内チラシを補給しました。
24日に取り付けた250部はきのうまでになくなってしまいましたので、
本稿を御覧の方は、予めダウンロードし印刷して持参するよう御協力をお願いします。

連休前半には、スキーヤーが樹木に衝突して大けがをするという事故があったようです。
スキー・スノーボードの方は、本日のようにキリが濃いときはもちろん、
晴天のときにも油断してスピードを出し過ぎないようにしてください。

(写真1)キリの日の至仏山
午前中はキリに覆われ、視界の悪い状況でした。
H26 至仏山残雪期対策 誘導ポール点検( 5/ 2)

(写真2)雪解けの進む尾瀬ヶ原
至仏山は着実に雪解けが進んでいます。
写真でわかるとおり、尾瀬ヶ原の各河川がはっきりわかるようになってきました。
H26 至仏山残雪期対策 誘導ポール点検( 5/ 2)

(写真3)立て直した誘導ポール
設置した誘導ポールの高さや傾きを調整しました。
山頂から山ノ鼻(尾瀬ヶ原方面)へ滑走する方で、
スノーボードをお使いの方は、ストックを併用した方がよいとの情報も届いています。
H26 至仏山残雪期対策 誘導ポール点検( 5/ 2)

(写真4)山ノ鼻からみた至仏山
高天ヶ原(重点植生保護区域)とその周辺の雪がかなり少なくなりました。
山頂から山ノ鼻(尾瀬ヶ原方面)へ滑走する際は、ルートを慎重に見極めて、
重点植生保護区域内に立ち入らないように注意してください。

H26 至仏山残雪期対策 誘導ポール点検( 5/ 2)

至仏山の滑走ルート・危険個所等の情報は、別のブログ「すいすい尾瀬なび(平成26年シーズンの至仏山ルール)」からダウンロードできます。

本日の積雪深
・鳩待峠 160cm(本年 4/22 210cm)
・第1ピーク手前 170cm(本年 4/22 230cm)
・第1ピーク奥 240cm(本年 4/22 290cm)

今回は、現地で作業を行った者からの報告と提出写真をもとにしてまとめました。

担当:西嶋
  1. 2014/05/02(金) 13:04:32|
  2.   普及啓発

平成26年シーズンの至仏山登山口の明確化を行いました

期日:平成26年4月24日(木)
天候:晴れ

本日10時に鳩待峠の車道が開通しました。
至仏山に入山する方に、鳩待峠の登山口を明確化し適切な情報提供を行うため、
赤い誘導ポールの設置と、案内看板・配布チラシの設置を行いました。

(写真1)明確化後の鳩待峠の至仏山登山口
H26 至仏山残雪期対策 鳩待峠登山口整備( 4/24)
残雪があって登山口が不明確になりやすいため、赤い誘導ポールを立てて、目印にしました。
また登山案内の看板に、一時的に「至仏山登山口」の表示を取り付けました。

(写真2)誘導ポール
(写真3・写真4)案内看板の設置
H26 至仏山残雪期対策 鳩待峠登山口整備( 4/24)
赤い誘導ポールに囲まれたところに案内看板を設置し、案内チラシを取り付けました。
入山する場合は、ここでルートや注意事項を確認してから出発しましょう。
赤い誘導ポールの先には、赤いリボンがつけられています。
赤いリボンは、オヤマ沢田代まで続いていて、これに沿って進むことになります。
ちなみに赤いリボンは、地元の片品村遭難対策救助隊がとりつけたものです。
 H26 至仏山残雪期対策 鳩待峠登山口整備( 4/24) H26 至仏山残雪期対策 鳩待峠登山口整備( 4/24)

上の写真にある案内チラシでは、至仏山の滑走ルート・危険個所等を紹介しています。
別のブログ「すいすい尾瀬なび(平成26年シーズンの至仏山ルール)」からダウンロードできます。

担当:西嶋
  1. 2014/05/01(木) 09:14:07|
  2.   環境保全

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。