尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

至仏山誘導ルートの点検・整備に行ってきました

日々雪解けのすすむ大型連休中の至仏山では、薄雪地帯に踏み込むことによる植物への影響が心配されています。
また不用意に沢へ滑り込んだスキーヤー・ボーダー・ハイカーが遭難した例もあり、この時期の入山は自然保護の面からも、安全登山の面からも様々な課題があります。

この日は薄雪地帯を迂回するために設定された、「誘導ルート」の点検・整備に出かけてきました。
まずは至仏山各所の積雪深から。


20120430至仏山誘導ポール設置P1030915 (大) 20120430至仏山誘導ポール設置P1030917 (大)

(左)鳩待峠132cm(5日間でマイナス46cm)
(右)第1ピーク手前144cm(同 78cm)

20120430至仏山誘導ポール設置P1030920 (大) 20120430至仏山誘導ポール設置P1030919 (大)

(左)第1ピーク奥192cm(同 74cm)
(右)第1ピークの巻き道から見た至仏山。積雪深データからも分かるとおり、昨日・一昨日の高温によって雪解けが急速に進んでいます。ブッシュの出方も目立つようになってきました。

20120430至仏山誘導ポール設置P1030927 (大) 20120430至仏山誘導ポール設置P1030929 (大)

(左)あっ、という間に至仏山頂着。今回は「植生保護のため立入禁止」になっているムジナ沢方面の様子を見に行ってみました。立ち入り禁止となっているこのエリアですが、たくさんのシュプールが入り込み、奥に見える細い雪渓へと続いています。この場所から見た感じでは雪があるように見えますが・・・
(右)近づいて見るとハイマツが所々出ていて、そこに滑り込まれた跡が無数にあって無残な状況でした。

この辺り一帯は「植生保護のため立入禁止」となっていますので、ぜひご注意ください!


20120430至仏山誘導ポール設置P1030932 (大) 20120430至仏山誘導ポール設置P1030935 (大)

いっぽう、ワル沢源頭を滑って、山ノ鼻へと下る「誘導ルート」側を点検しにゆくと・・・
(左)こちらもここ数日の急速な雪解けによって、こんな状況になっていました。予想以上の雪解けに驚くばかりです。
(右)ということで、一帯の誘導ルートの再整備を行いました。

20120430至仏山誘導ポール設置P1030938 (大)

天気は最後まで曇りといった感じでしたが、今回も多くのボランティア協力によって作業を無事終了することができました。ご参加いただいた方、大変ありがとうございました!

次回は悪天候が予報されている5月3日に再入山する予定です。





担当:安類(あんるい)
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 21:35:39|
  2.   環境保全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィールド講座 「尾瀬ヶ原ネイチャースキーハイキング1」を開催しました

平成24年度最初の「尾瀬を知るフィールド講座」がスタートしました。
まずは残雪がたっぷりと残る尾瀬ヶ原で、「尾瀬ヶ原ネイチャースキーハイキング」を行いました。

それにしてもこの大快晴ぶり!
自称「雨男」のスタッフが参加しているこの講座ですが、あまりの晴れっぷりに講座終了時には全員が日焼けしてしまいました。
では当日のようすをどうぞ。

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100168 (大) 20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100170 (大)

まずはネイチャースキーを初めて履く方も多いので、滑り方講座から。
最初は履いて立つこともままならない参加者も、小一時間ほどでなんとなく滑れるように・・・。

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100180 (大) 20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100191 (大)

少し滑れるようになってきたので、グリーンシーズンには入ることのできない研究見本園の奥へと行ってみることにしました。
至仏山のムジナ沢がよく見えます。
ちょっとした斜面を使って「大ダウンヒル大会」がスタート!
こんな地形を使っての遊びがホント面白い!

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100186 (大)

で、見本園の奥にある天然カラマツの巨木まで行ってみることにしました。
このカラマツは3人で手を回しても届かないほどの巨木で、なんでも「日本で2番目に太いカラマツ」なんだそうな。
この木も普段は見ることのできないものです。

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100206 (大) 20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100209 (大)

2日目は尾瀬ヶ原へと行ってみることにしました。
尾瀬ヶ原では雪解けがすすみ、あちこちでリッジ状に残った雪の上をヒヤヒヤしながら進みました。
それにしても・・・あ、暑い!
最初はフリースや雨具を来ていた参加者もいましたが、最後はもれなく薄着になってのスキーとなりました。
中には半袖シャツの方も!

20120428~29ネイチャースキーハイキング1P1100214 (大)

最後は至仏山をバックにみんなで記念写真。
ネイチャースキーを使って、雪景色の尾瀬ヶ原の隅々を滑り、変化に富んだ面白い講座だと思いますが、
一方でけっこう体力も使います・・・。
ご参加いただいたみなさま2日間、めいっぱい動き回り、本当にお疲れ様でした~♪




担当:安類(あんるい)
  1. 2012/04/29(日) 22:00:25|
  2.   環境教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「初めての尾瀬教室」 に講師協力しました

今日は鳩待峠への車道が開通する日。
とはいえ、まだまだ尾瀬は深い雪の中です。

お花を目当てに登山者が尾瀬を訪れるのは5月末くらいから。
ということで、クラブツーリズムさん主催で、今シーズンの尾瀬に行きたい方を対象に、
事前勉強会を開催しました。

20120427クラブツーリズム「初めての尾瀬教室」


とはいえ、講演している時の写真はないのですが、
合計4会場を回って尾瀬のイメージをつかんでいただけるような初心者向け教室を開催しました。


尾瀬保護財団では、こういった講師派遣も行っていますので、ご希望の方は当財団までお問い合わせくださいね。



担当:安類
  1. 2012/04/27(金) 22:02:37|
  2.   普及啓発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

至仏山誘導ポールの設置作業を行いました

今週金曜日には鳩待峠の車道が開通して、多くの登山者や山スキーヤー・ボーダーたちが至仏山へ登ってきます。
この光景は夏シーズンの尾瀬を知っている人からは信じられないような感じですが、ひょっとしたらシーズンで一番至仏山に登る人の数が多いかも知れませんね。

ただ、雪が薄くなった所に不用意に入り込んで植物を傷めてしまったり、
トイレをそこら辺でしてしまったりと、近年の登山者増に伴っていろいろな問題が起きています。

今回の作業は雪の薄くなった所へ入り込まないよう、また、シーズン最後まで安全に通行できるルートを確定しようと、赤ポールの設置作業を行いました。

今年は例年よりも雪解けが早まりそうな雰囲気です。
至仏山を滑りたい人は、自己責任で入山いただくこと意識していただき、至仏山特有のルールを守って登山いただくよう、お願いします。



20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030887 (大)

今のタイミングでは雪はあるように見えますが、近くによると例年に無い薄雪であることが分かります。


20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030883 (大) 20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030885 (大)

(左)鳩待峠 積雪深 178cm
(右)第1ピーク手前 212cm


20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030888 (大)

第1ピーク奥 266cm


20120425至仏山誘導ポール設置作業P1030901 (大)

積雪深を測ったあとは、誘導ポールの設置をしながら山ノ鼻へと下山しました。


担当:安類(あんるい)

  1. 2012/04/25(水) 23:51:22|
  2.   環境保全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講座 「ネイチャースキー・ハイキング」の下見を行いました。

大型連休中に開催される、尾瀬を知るフィールド講座「尾瀬ヶ原ネイチャースキー・ハイキング」の下見を行いました。
若干の冬型となり、湿原には冷たい風が吹き抜けていましたが、太陽の光は暖かく、お昼前後には半袖での行動になるほどでした。

20120424ネイチャースキー・ハイキング下見P1100149 (大)

雪原の尾瀬ヶ原はひっそりと静まりかえっていました。
春の日射しがたくさん降り注いで、汗ばむ陽気です。

20120424ネイチャースキー・ハイキング下見P1100151 (大)

今回の下見は3名で。
写真は軽装で軽快に見えますが、実は講座に使うクロカン10セットの搬入をしていたため、
ちょっとお疲れ気味・・・。
それでもこの風景にはスタッフもニンマリ~です。

20120424ネイチャースキー・ハイキング下見P1100158 (大)

帰りはブナや天然カラマツの森をぬけて下見が無事終了しました。





担当:安類(あんるい)
  1. 2012/04/24(火) 23:25:19|
  2.   環境教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成24年シーズンの至仏山残雪調査を行いました

期日:平成24年4月20日(金)
天候:曇り 時々 晴れ


鳩待峠への車道が27日にオープンするため、
多くの山スキーヤー・ボーダーが登る至仏山の残雪調査を行いました。

呼びかけは「至仏山保全対策会議」。
尾瀬関係者で構成される至仏山の利用ルールを検討する会議ですが、
この時期に至仏山を登り、滑る、全ての方が安全に下山できるよう、
また、なによりも至仏山の貴重な植生を傷つけることがないよう、毎年行っている合同調査です。

毎年この残雪調査は天候が悪い! のですが、
天気予報では雨がぱらつきそうな中を、幸運にも日射しに恵まれ、12名が参加してくれました。

ということで、その時のようすを少しご紹介します。



まずは気になる積雪深ですが、

20120420至仏山残雪調査P1030803 (大) 20120420至仏山残雪調査P1030807 (大)


(左)鳩待峠 217cm(昨年同日から-19cm)
(右)第1ピーク手前 256cm(同 -24cm)


20120420至仏山残雪調査P1030809 (大)


第1ピーク奥 340cm(同 -10cm)


と、昨年との比較では若干少ない感じ。
ただ長年この調査に関わっているメンバーからは、例年と比較して目立って少なくはないとのこと。
まぁ、山の積雪というのはパターン化できるような単純なものではないので、ひと言では評価できないけど、
今日現在では例年並といった所でしょう。


20120420至仏山残雪調査P1030814 (大) 20120420至仏山残雪調査P1030820 (大)


(左)オヤマ沢田代付近のようす。
 シーズン最初の仕事ということもあって、慣れている調査メンバーも慎重にすすみます。
(左)財団スタッフの友松も・・・こんな感じで頑張ってます!


20120420至仏山残雪調査P1030823 (大)


積雪深調査を行いながら、全員が至仏山頂に立つことが出来ました。
このあとは2班に分かれて大型連休中のルート確認を行いました。



今シーズンの残雪期利用ルールについては、数日中に「すいすい尾瀬なび(平成24年シーズンの至仏山ルール)」でお知らせできると思います。


担当:安類(あんるい)

  1. 2012/04/20(金) 19:53:39|
  2.   環境保全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

環境省エコツーリズム推進アドバイザー報告会で宍粟市の取組みを紹介しました

環境省エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業の一環で、3月1~2日に兵庫県宍粟市へでかけ、この地域のエコツーリズム振興のお手伝いをしてきました。

こうしたアドバイザーは全国約20名に委嘱され、毎年各地に派遣されていますが、今回はアドバイザー達の報告会が東京で開催され、ここに出席しました。


P1010680 (Medium)
写真提供:財団法人日本交通公社


私が報告したのは兵庫県宍粟市の事例です。
えっ? なんて地名ですかって? 「しそうし」と読みます。
実は難読地名の西の横綱とも呼ばれているそうで、24年度には難読地名を逆手にとってCM展開するんだとか・・・。
ちなみに高級素麺で有名な「揖保の糸」の6~7割がこの宍粟市で生産されているんですよ。


P1020848 (Medium)
写真提供:財団法人日本交通公社


各地からの報告が終わると、参加者とのパネルディスカッションを行いました。



各地の取組みにはユニークなものが多く、聞いていると私自身が行きたくなってしまうような内容ばかりでした。
こうした自然資源を保護しながら、利活用をはかっていく取り組みが、日本各地の地域起こし・地域づくりになっていくといいですね。


担当:安類
  1. 2012/04/02(月) 16:14:39|
  2.   普及啓発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。