尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬自然ガイド筆記検定試験が行われました

P1050516 (中)


今日は平成23年度尾瀬自然ガイド筆記検定試験が浦和で開催されました。
この試験は、尾瀬ガイド協会が開催しているもので、筆記(一次)と実技(二次)試験に
合格した者を「尾瀬自然ガイド」として認定しています。

当財団では、尾瀬ガイド協会から事務委託を受託し、その運営を行っています。


尾瀬ガイドとして一人でも多くの方が合格し、尾瀬エコツアーと環境教育推進のために頑張ってもらいたいと思います。


担当:安類
スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 21:12:24|
  2. 尾瀬ガイド協会

至仏山開山前の除雪作業を行いました

待ちに待った至仏山の山開きが7月1日となり、
直前のパトロールと除雪作業などを行いました。

とはいえ、全ての登山道を除雪するのが目的ではなく、安全面に配慮して、最低限度にとどめた除雪を行っています。
少し分かりづらい話ですが、雪渓の残っている場所には、その場所特有の自然環境にあった植物たちが生育しており、その代表格がオゼソウやハクサンコザクラといった高山植物です。
こうした植物たちは遅くまで雪に覆われた環境だからこそ生きているわけで、除雪して強制的に雪をなくしてしまうと、元々の環境まで変えてしまう心配があるからなのです。

前置きが長くなってしまいました、では当日の様子を写真で紹介。


P1050425 (中) P1050434 (中)


(左)除雪作業には、尾瀬保護財団のほか、環境省、尾瀬林業、ガイド事業者の方々が駆けつけてくれました。ありがとうございます。
(右)オヤマ沢田代。つい最近まで雪があった雰囲気で、まだまだ湿原の植物たちが芽吹いたばかりでした。


P1050437 (中) P1050440 (中)


(左)例年残雪が多く残っている、オヤマ沢田代から小至仏山の間で除雪作業を行いました。
(右)こんな場所ですから、作業はすべて手作業です。


P1050444 (中)


ひとまず最初の作業が終了。どこを作業したか分かりますか?


P1050447 (中) P1050445 (中)


(左)ここで一休み。雪の上とはいえ、梅雨の合間の晴れなので、日射しは強く、暑いです!
(右)それでも作業中はずっと尾瀬ヶ原と燧ヶ岳が見えていました。


P1050450 (中) P1050455 (中)


(左)小至仏山の直下。かなり斜度のある残雪です。
(右)こちらは階段状にステップを切っています。


P1050458 (中) P1050454 (中)


(左)作業地を上から見たところ。分かりづらいですが、ルートの両側にはロープが張られています。ここから外側は雪が薄くなっており、歩くことで植物を傷める恐れがありますので、立ち入らないようにお願いいたします。
(右)今回の作業メンバーたち。お疲れ様でした。


P1050469 (中)





この後は、東面登山道(山ノ鼻~山頂)の下り禁止の看板を山頂に設置しました。
ふー、これで何とか開山を迎えられるかな。




至仏山登山を考えている方は、この山の利用ルールを一度確認してから訪れるようにしてください。
(参考)平成23年シーズンの至仏山利用ルール


■□■□関連パンフレット・資料など■□■□

 ■至仏山マナーマップ - 尾瀬保護財団ウェブサイトのダウンロードページへ
 ■至仏山入山の皆様へ - PDF(700KB)
 ■至仏山保全対策基本方針 - PDF(19KB)
 ■至仏山保全基本計画 - PDF(265KB)



担当:安類・井上
  1. 2011/06/28(火) 23:47:27|
  2.   環境保全

群馬銀行様及びDIAMアセットマネジメント様からご寄付をいただきました

 2011年6月13日(月)、㈱群馬銀行様およびDIAMアセットマネジメント㈱様から、㈱群馬銀行、㈱東邦銀行、㈱第四銀行、新潟証券㈱およびDIAMアセットマネジメント㈱が販売している自然環境保護ファンド「尾瀬紀行」の信託報酬の一部のうち、群馬銀行様販売分について、それぞれ109万円余のご寄付をいただきました。
 寄付贈呈式は群馬県庁で行われ、まず群馬銀行 武井専務とDIAMアセットマネジメント 武藤常務から目録が大澤理事長(群馬県知事)の代理である池本群馬県副知事に贈呈され、続いて池本理事長代理より感謝状が渡されました。
 なお、尾瀬紀行のご寄付は今年度で5回目となります。

20110613gunmabank_diam.jpg
  1. 2011/06/20(月) 09:49:27|
  2.   寄付等

尾瀬ガイダンス in 尾瀬ヶ原・アヤメ平 を開催しました。

主催:財団法人尾瀬保護財団、社団法人日本旅行業協会
協力:尾瀬ガイド協会


■目的/
 尾瀬国立公園では、自然保護と自然体験・地域振興を目的に、エコツーリズムを推進しています。このため、尾瀬保護財団・日本旅行業協会では尾瀬ガイダンスを開催し、尾瀬ツアーを企画している旅行会社や出版社を対象に、尾瀬の利活用について学ぶ場を提供しています。

■会場・日時/
  東京:平成23年6月7日(火)~8日(水)
      (1班)尾瀬ヶ原、三条ノ滝
      (2班)アヤメ平、尾瀬ヶ原、三条ノ滝

■概要/

尾瀬ガイダンスを尾瀬保護財団が開催して15年目を迎え、
これまではオフシーズンに講義形式で行っていましたが、多くの方から現地開催を望む声が寄せられていたため、
ミズバショウシーズン最盛期のこの時期に、あまり知られていない尾瀬を知っていただくガイダンスを開催しました。

こうして、尾瀬へお客様を送る側(旅行会社)と、受け入れる側(尾瀬関係者)とが協力して、良いツアーが作られることを尾瀬保護財団では目指しています。

以下、写真を中心に掲載します。


PG1050103 (中)


尾瀬ガイダンス2日間とも快晴に恵まれました!!
参加者のみなさまも笑顔! ですね。


PG1050109 (中) PG1050118 (中)


とはいえ横田代・アヤメ平・長沢の登山道はまだまだ残雪が多くありました。
今回の参加者はみな健脚で、どんな道でもスタスタと歩いていました。スゴイ。


PG1050123 (中) PG1050127 (中)



PG1050133 (中) PG1050136 (中)




PG1050161 (中) PG1050165 (中)




PG1050176 (中) PG1050181 (中)


山小屋到着後も講習会は続きます。
まずはキネシオテープ、それからテーピング、そして意見交換会、さらにナイトハイクへと続きます・・・。
いったい、いつ寝るんだろう?? というような熱心さで夜はあっという間に過ぎています。


PG1050186 (中) PG1050202 (中)


そして2日目は平滑ノ滝、三条ノ滝を歩き、
尾瀬ヶ原を横断して鳩待峠へと戻りました。


PG1050211 (中)



尾瀬ガイダンスに参加いただいたみなさま、大変お疲れ様でした。
尾瀬に来た方が、尾瀬を好きになって頂けるようなツアーを、お互いに知恵を出し合っていければと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


担当:安類
  1. 2011/06/08(水) 21:41:38|
  2.   普及啓発

尾瀬ガイド協会に協力して、エコライフフェア2011に出展しました。

尾瀬ガイド協会が昨年、エコツーリズム大賞の特別賞を受賞したことがきっかけで、
6月4~5日のエコライフフェアに出展することになりました。

尾瀬保護財団でも尾瀬ガイド協会の出展に協力してきました~♪


P1050065 (Medium)


場所は代々木公園です。
4日は全国的な快晴でした。いや~、尾瀬から来たメンバーは全員暑さに負けていました・・・。
ブースに来ていただみなさんは、暑さをものともせずに尾瀬のことを聞いてくれていました。
みなさん強いんですね・・・。


P1050060 (Medium) P1050063 (Medium)


(左)尾瀬の相談にのっている塩田さん(尾瀬ガイド協会会長)。
(右)今回の尾瀬ブースには、塩田さんと長内さん(尾瀬ガイド協会理事)と私の3人でしたが、
多くの方に来ていただき、大忙しの2日間でした。

ご来場いただいた方、大変ありがとうございました。



担当:安類
  1. 2011/06/06(月) 11:58:40|
  2.   普及啓発

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。