尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬ガイダンス(大阪会場)を開催しました(平成22年度尾瀬ガイダンス実施報告書)

平成22年度尾瀬ガイダンス(大阪会場) 「尾瀬の魅力と利用法を学ぶ」 開催報告

主催:財団法人尾瀬保護財団、社団法人日本旅行業協会


■目的/
 尾瀬国立公園では、自然保護と自然体験・地域振興を目的に、エコツーリズムを推進しています。このため、尾瀬保護財団・日本旅行業協会では尾瀬ガイダンスを開催し、尾瀬ツアーを企画している旅行会社や出版社を対象に、尾瀬の利活用について学ぶ場を提供しています。

■会場・日時/
  東京:平成23年2月21日(月)13時30分~15時00分
       NHK大阪放送局1Fアトリウム(大阪市中央区大手前4-1-20)

■概要/

P1140764 (Medium)
(写真:主催者挨拶・遠藤康明 尾瀬保護財団企画課長)



  ◆「尾瀬の魅力とみどころ紹介」(資料1
   安類智仁(尾瀬保護財団)
   ●尾瀬ってどんな所?
   ●みんなの尾瀬を みんなで守り みんなで楽しむ など

P1140769 (Medium)



  ◆「尾瀬での過ごし方提案」(資料2
   安類智仁(尾瀬保護財団)
   ●尾瀬の開花・イベントカレンダー
   ●おすすめスポット、おすすめコース
   ●山小屋のアメニティ
   ●尾瀬国立公園のエコツアー など


  ◆「平成23年度尾瀬ツアー企画時の注意点」(資料3
   安類智仁(尾瀬保護財団)
   ●平成23年度の尾瀬トピックス
   ●尾瀬ツアー企画時の参考情報
   ●至仏山登山のポイント
   ●ツアーパンフレットに記載していただきたいこと
   ●尾瀬利用中の注意点 など



■質疑応答/
  Q 木道上での転倒を防ぐにはどうしたら良いか(旅行会社)?
  A 尾瀬の傷病事故は年100件程度。このうち7割以上が木道上での転倒によるもの。濡れた木道はスリップしやすいが、傾斜のついた場所には滑り止めの桟木(さんぎ)が打ち付けられており、これを頼って歩くことで転倒予防できる。また重登山靴のようなソールの固いものより、柔らかめのトレッキングシューズの方が木道にはグリップが効く。あとはストックなどを使って加重を分散させることで転倒防止にもつながる(財団)。



■資料/
  ◆資料1[尾瀬の魅力とみどころ紹介]-PDF(10M)
  ◆資料2[尾瀬での過ごし方提案]-PDF(15M、※重くてすみません・・・)
  ◆資料3[平成23年度尾瀬ツアー企画時の注意点]-PDF(0.6M)



担当:安類(あんるい)
スポンサーサイト
  1. 2011/02/25(金) 09:02:29|
  2.   普及啓発

「スノーシュー体験教室inゆのたに」を取材しました

先日、おかげさまで機関誌「はるかな尾瀬vol.15」を発行することができました。
現在、次号vo.16の発行に向けて準備を進めているところですが、尾瀬から学ぶスローライフに記事を掲載するため、2月6日(日)に新潟県魚沼市で開催された”スノーシュー体験inゆのたに(主催:湯之谷商工会)”を取材してきましたのでレポートします!

このスノーシュー体験イベントは、スノーシュートレッキングを通じて、雪国ならではの自然とのふれあいを楽しく体験してもらうために開催されたものです。

当日は、地元ガイドの今井正樹さんの案内により、8名のグループで、薬師スキー場を出発しました。
スノーシューを初めて履く参加者も多く、今井さんが親切に使用方法をアドバイス。

IMG_5264001.jpg

準備を整え、まずはリフトで山の上まで。霧の中での太陽がとてもきれいでした。

IMG_5290001.jpg

IMG_5296001.jpg

リフトを降りると、雪をまとった鳴倉山(標高:579m)の姿に圧倒されました。
ここからスノーシュートレックのスタートです。

IMG_5327001.jpg

途中、動物の足跡や樹木について、今井さんに自然解説をしていただきながら、城山山頂(標高:805m)へ。

IMG_5342001.jpg

城山山頂からは、魚沼丘陵の山々と魚沼の町並みが一望でき、雪国うおぬまの美しさを実感しました。

IMG_5371001.jpg

下山する頃には、朝方の濃い霧も晴れ、絶景の中を歩く、歩く、歩く。

IMG_5405001.jpg

IMG_5441001.jpg

最後はお約束のスリル満点のおしり滑り!

IMG_5461001.jpg

スキー場に下山すると、スタートからちょうど2時間、あっという間でした。

このスノーシュー体験は、自然への理解を深めるきっかけとなることはもちろんですが、何より”楽しい”という一言に尽きます。トレッキング中に目に入る木々や、動物たちのフィールドサインに自然の営みを感じ、そして、目の前に広がる風景に心を奪われます。ガイドさんの案内のもとで、安心して充実した体験をすることができました。

詳細は、次号機関誌で紹介しますので、お楽しみに。

このイベントは2/12(土)、13(日)、26日(土)、27日(日)も開催されます。詳しくは、魚沼市観光協会のホームページでご確認ください。
http://www.city.uonuma.niigata.jp/kankou/

担当:小野里


  1. 2011/02/08(火) 10:44:46|
  2.   普及啓発

コメリ緑資金の会様よりご寄付がありました

コメリ緑資金の会様より尾瀬保護財団へ50万円のご寄付がありました。

2011年2月4日、新潟市のホテル日航新潟で、コメリ緑資金の会様の助成金贈呈式が行われ、棒賢一会長より尾瀬保護財団の評議員、新潟県県民生活・環境部 中村稚枝子部長に寄付目録が渡されました。

コメリ緑資金寄付贈呈式

コメリ緑資金の会様は、ホームセンターを展開している株式会社コメリ様が、経常利益の1%を緑の育成の為に社会還元する目的で設立された会で、今回が2回目のご寄付になり、その寄付額は累計100万円になりました。
  1. 2011/02/07(月) 11:38:49|
  2.   寄付等

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。