尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会津駒ヶ岳で機関誌の取材を行いました

平成22年3月27日(土)から1泊2日の日程で、次号の機関誌で駒の小屋を取り上げるため、会津駒ヶ岳で取材を行いましたので、当日のようすを紹介します。

行程は、27日に檜枝岐村の滝沢登山口から入山し、駒の小屋で宿泊。翌28日は、午前中に駒の小屋の小屋主の三橋一弘さんへの取材を行い、午後に滝沢登山口に下山しました。

27日の檜枝岐村内は晴れ。数日前までは天候があまりよくないとの予報だったので、山頂付近では絶景が見られるのではと期待を膨らませて、滝沢登山口を出発しました。

ルートの前半は林内で、差し込む日差しはまぶしいくらいでしたが、とても気持ちよく、歩くスピードも自然と早くなります。

P1100542.jpg

ところが・・・

P1100567001.jpg


駒の小屋までの半分くらいのところまで登ると雪が降り始め、森林限界を抜ける頃には、吹雪のようになり、冷たい風に打たれながら、駒の小屋を目指しました。体力が思ったほどついていかず、冬場の体調管理の失敗を痛感しました・・・。

駒の小屋が近づく頃には、視界もよくはありませんでしたが、駒の小屋さんが設置してくれた遭難防止用の誘導ポールを頼りに、駒の小屋まで一気に登り上がりました。

P1100580001.jpg

駒の小屋には、1階部分を埋め尽くすほどの高さの積雪があり、小屋の看板がかろうじて見えるほどでした。

P1100584001.jpg

滝沢登山口からは約5時間がかかり、時間はすでに午後4時。駒の小屋は自炊なので、急いで夕食を作り、栄養補給を行いました。自炊場での他のグループとの時間を忘れるほどの交流も楽しかったのですが、翌日の取材に万全を期すため、早めに就寝しました。

翌朝、小屋前から会津駒ヶ岳山頂を望む光景は、まさに絶景でした。上る太陽の光が、一面の銀世界を赤く染め、厳しい自然の中での、一瞬の美しさがそこにはありました。

P1100611001.jpg

その後、小屋主の三橋さんへの取材を行い、貴重で楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。三橋さんに伺ったお話は、5月下旬頃に発行予定の次号機関誌等に掲載しますので、是非お楽しみに。

P1100639001.jpg


取材を終えた後は、会津駒ヶ岳への山頂に登り、山スキーで下山しました。山頂から下山する前には、斜面の積雪状況を確認する作業を十分に行い、慎重に下山しました。

DSCF0067.jpg

春が近づいてきていますが、会津駒ヶ岳はまだまだ冬の厳しい表情を見せます。入山の際には、しっかりとした事前準備と十分な装備を調えてください。

担当:小野里

スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 18:41:03|
  2.   普及啓発

ビジターセンターや橋の除雪作業を行いました

3月15日から18日の予定で除雪作業に行ってきました。
冬の尾瀬は人を近づけない厳しい自然なので、この時期の入山は職員にとっても貴重な体験です。

今回はそんな作業内容を紹介&報告します。



DSCF0001 (Medium) DSCF0019 (Medium)


(左)出発は戸倉から。今回は山ノ鼻と竜宮の2パーティに分かれての行動なので、航路・装備・班編制等、事前準備に気をつかいます。
(右)ヘリの窓から。職員が熱心にカメラをむけている先は・・・



DSCF0037 (Medium)


雪に覆われた尾瀬ヶ原です!!
手前のこんもりした丘は牛首。奥に鎮座する山は燧ヶ岳です(左奥は会津駒ヶ岳)。
人の気配が全く無い尾瀬ヶ原は太古の姿そのもの。長年、尾瀬で働いている職員たちも、この風景には圧倒されます。



IMG_2911 (Medium) IMG_2927 (Medium)


この日、私は竜宮に下りて橋の除雪作業をやりました。
大きな鉄骨で組まれた丈夫な橋ですが、雪の重みは計り知れないほどの力で鉄骨を曲げてしまいます。
シーズンに登山者のみなさんが安全に渡れるよう、こうした作業もやっています。



IMG_2966 (Medium) IMG_2981 (Medium)


(左)除雪作業後。
(右)作業を終えた橋の下で職員が何かを見つけたようです。なんでしょうか・・・?



IMG_2993 (Medium)


なんとデジカメと空き缶でした。
デジカメはレンズが出たままになっている所を見ると、シーズン中に橋から誤って川に落とした物のようです。
こうした物を見つけると、拾いたくなるのはさすが尾瀬人です!



DSCF0065 (Medium) IMG_2804 (Medium)


(左)作業を終えてスキーで移動。若干職員の顔が笑って見えるのは・・・
(右)なんと言ってもこの風景を見ながらだからでしょう! 地平線の向こうにある山ノ鼻を目指して移動します。



DSCF0096 (Medium)


翌日は山の鼻ビジターセンター周辺の除雪作業です。
こちらについては2月にも除雪をやっていたため、思ったよりも短時間で終えることができました。
それでも半日雪との格闘でしたが・・・。



20100317225420a78.jpg 20100317225417341.jpg


(左)最終日は起きると吹雪・・・。みるみる間に雪が積もっていきます。
この日は約半日で20cmほどの降雪があり、午後からは快晴に変わりました。
(右)天気が回復しそうな雰囲気だったので、全員でヘリ降下地点の雪を踏みつぶし、簡易なヘリポートを作りました。もちろんヘリのダウンウォッシュで職員全員雪まみれになりましたが・・・。



今回は作業が順調に終わったわけですが、
まだまだ尾瀬は厳冬期です。
シーズンインまで2ヶ月程になりましたが、次はどんな風景を見せてくれるのか? 私たちも雪解けが楽しみです!



担当:安類
  1. 2010/03/19(金) 15:24:16|
  2.   施設管理

コメリ緑資金の会様に感謝状をお贈りしました

2月4日、コメリ緑資金の会様より助成金として50万円のご寄付をいただいたのに対し、3月19日、新潟県庁において、尾瀬保護財団評議員、新潟県県民生活・環境部 渡邉部長よりコメリ緑資金の会 杉田 事務局長に感謝状と記念品をお贈りしました。

コメリ緑資金の会様へ感謝状


コメリ緑資金の会様からの助成金贈呈式の模様はこちらから


  1. 2010/03/19(金) 13:40:42|
  2.   寄付等

尾瀬保護財団 英語ページ、携帯ページを公開しました

尾瀬保護財団のインターネットホームページに新しいページと機能が加わりました。

新機能図

1.英語ページの公開
 日本に興味のある、日本を訪れようと考えている旅行者等を主な対象として必要情報をまとめた英語ページを作成しました。
 尾瀬保護財団の日本語ページの左上のボタンをクリックしてご参照ください。

2.携帯ページの公開
 尾瀬を訪れようと移動している方を主な対象として、通行止めなどの緊急情報、山ノ鼻ライブカメラ、電話帳などの情報を発信しています(日本語のみ)。
 尾瀬保護財団日本語ページの右下のバーコードを携帯電話で読み取ってご参照ください。
 (パソコンでバーコード部分をクリックしても参照できます。)

新ページ


3.ライブカメラ映像の公開
 尾瀬保護財団の日本語ページ、英語ページ、携帯ページのいずれからも尾瀬山の鼻ビジターセンター前のライブカメラ映像を参照できます。
 映像発信はビジターセンターがオープンする5月上旬からを予定しています。

ライブカメラ

       ライブカメラ(写真は日本語ページ用)
  1. 2010/03/10(水) 14:16:45|
  2.   普及啓発

ベイシアグループ様よりご寄付がありました

ベイシアグループ様より196万円余のご寄付がありました。

ベイシアグループ様では、グリーン家電エコポイントの交換商品として商品券を提供しており、商品券交換金額の一定割合を、環境保全等を行っている団体等に寄付する制度のもとに、尾瀬保護財団にご寄付をいただいたものです。

平成22年3月9日、群馬県庁にて寄付贈呈式が行われ、ベイシアグループ様を代表して株式会社ベイシア 高山正雄社長から大澤正明理事長(群馬県知事)に寄付目録が贈呈され、続いて大澤理事長より感謝状と記念品の写真パネルが渡されました。

ベイシアグループ様寄付贈呈式

  1. 2010/03/09(火) 15:49:03|
  2.   寄付等

第14回NHK「わたしの尾瀬」写真展柏崎展でスライドショーを行いました

平成22年2月27日(土)に、NHK「わたしの尾瀬」写真展柏崎展で、スライドショーを実施しました。
当日は、写真展の開催期間の最初の週末ということで、写真展会場は多くの来場者で賑やかでした。写真展開催を待ちわびていただいていたようで、主催者としてうれしい限りです。
また、コミュニティーFMのFMピッカラさんも取材に来ていただきました。

DSCF0371001.jpg
(写真展会場のようす①)

DSCF0401001.jpg
(写真展会場のようす②)

DSCF0408001.jpg
(FMピッカラさんの取材のようす)

さて、スライドショーについてですが、今回は、NHK新潟放送局が実施した「番組を見る会」の中で実施させていただきました。まず、一昨年新潟県内で放映された「イラスト紀行「夏の尾瀬を訪ねて~魚沼から行く尾瀬~」」をご覧いただいたあと、和やかな雰囲気の中で、スライドショーを行いました。
スライドショーでは、新潟県から行く尾瀬の魅力や、会津駒ヶ岳や田代山・帝釈山など編入地区の見どころの紹介をはじめ、尾瀬の自然や保護活動の取り組みなどのお話をさせていただきました。来場者の皆さんには熱心に聞いていただき、尾瀬に関する質問を受けたり、尾瀬の思い出話などを聞かせていただき、楽しい時間を過ごすことができました。

DSCF0425001.jpg
(スライドショーのようす)

DSCF0399001.jpg
(番組を見る会「ふれあいミーティング」で会場の皆さんと意見交換を行いました)
  1. 2010/03/01(月) 15:05:19|
  2.   普及啓発

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。