尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第11回尾瀬フォーラムを開催しました

尾瀬国立公園が29番目の国立公園として誕生し、これまで以上に自然保護の精神と適正な利用を進めることが必要とされている中で、みんなの尾瀬をみんなで考えるために、平成21年12月18日(金)に第11回尾瀬フォーラムを高崎シティギャラリーで開催しました。

今回のテーマは、”美しい至仏山を未来に残すために~至仏山保全対策を考える”です。数々の貴重な高山植物や圧倒的な眺望など、至仏山の魅力は数え上げることができません。しかし、至仏山は長年の利用の影響などにより登山道周辺を中心に荒廃が進み、これまでも様々な保全対策が行われてきました。至仏山の美しさの背後にある自然の特徴や、至仏山で実施されている保全対策の経過やその内容を知り、至仏山に関する疑問を解消しながら、至仏山を守るために大切なことを理解していただくために、今フォーラムを開催しました。

まず、東京学芸大学教育学部教授で、至仏山環境調査専門委員会委員長の小泉武栄先生に「名峰至仏山 その特異性と美しさ」と題して講演をしていただきました。至仏山の自然の美しさや魅力は、至仏山が主に蛇紋岩によって成り立っていることや、残雪の影響を受けた植生分布から生まれていることなどをお話いただきました。特に興味深かったのは、東面登山道の森林限界の話です。東面登山道の森林限界は、気象条件から推定されるよりも700mほど低い1650m付近ですが、その特徴は約2万年前の最終氷期に基盤の蛇紋岩が凍結破砕作用を受けて大きく割れ生産された岩塊斜面の影響によるもので、岩塊斜面の末端がちょうど森林限界になっているということです。森林限界より上では、蛇紋岩が持つ有毒な金属の影響を受けない低木林が生育しているそうです。

IMG_2264.jpg
(小泉先生による講演会のようす)

次に、尾瀬保護財団の笛田事務局長からは、これまでの至仏山の保全対策の経過や現在取り組まれている対策の内容についての報告がされました。

IMG_2283.jpg
(笛田事務局長による報告のようす)

その後、日本自然保護協会の横山隆一さんより、平成15年から2年間、至仏山の自然環境を科学的に把握するために実施された「至仏山環境共生推進計画調査」の結果概要が報告されました。報告では、植生分野、地生態分野、利用動態分野でそれぞれわかったことを整理した上で、登山道が荒廃するメカニズムや、それぞれの箇所に応じた保全対策が必要であることなどが説明されました。

IMG_2287.jpg
(横山さんによる報告のようす)


また、会場との意見交換会では、今年度から実施されている環境調査に対する質問、至仏山保全対策に関する情報提供のあり方に関する意見、鳩待峠からオヤマ沢田代間の登山道の洗堀への対策に関する質問などが会場の皆さんからありました。各質問へは、登壇した至仏山の保全対策に係わる関係者が、現在の実施している対策の内容や、今後の予定などを説明しました。

IMG_2292.jpg

IMG_2317.jpg
(会場との意見交換会のようす)

今回の尾瀬フォーラムをきっかけに、関係者や登山者の皆さんと協力しながら、至仏山の保全対策を推進していけるよう努めていきます。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/22(火) 17:58:44|
  2.   イベントなど

第14回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト表彰式を行いました

平成21年12月18日(金)、高崎シティギャラリーにて、第14回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの表彰式を行いました。今回のフォトコンテストでは、全国より831点の応募があり、厳正なる審査の上、風景の部、動植物の部、保護の部より50点が入賞作品として選出されました。

表彰式では、新井幸人審査委員長より「全体的にレベルの高い写真が多く、会津駒ヶ岳や田代山・帝釈山といった新しく尾瀬国立公園に入ったエリアの写真が増えた。今後は、あまり人が撮影しない場所での写真にチャレンジしてほしい。また、技術的には、レンズ・絞りの工夫をしたり、デジタルカメラで撮影した写真は色処理をあまりしないようにしたほうがよい」、今井隆一審査員より「尾瀬への愛、写真への愛を込めて撮影し、やさしい写真、余裕のある写真を撮ってほしい」と、審査講評とお祝いの言葉をいただきました。

IMG_2208.jpg
<新井幸人審査委員長による審査講評>

IMG_2211.jpg
<今井隆一審査員による審査講評>

入賞者のみなさんには、賞状、トロフィーや記念品が贈呈され、尾瀬の自然の一瞬のきらめきや、自然保護の精神を高める写真を撮影された功績が讃えられました。

IMG_2215.jpg
<中村実行委員長(NHK前橋放送局長)から賞状を授与される風景の部金賞を受賞した新井豊さん>

IMG_2253.jpg
<笛田実行副委員長(尾瀬保護財団事務局長)から賞状を授与される尾瀬保護財団賞を受賞した大津賀禮子さん>

表彰式後の交流会では、入賞者と尾瀬関係者との間で、尾瀬の思い出話を中心に盛り上がり、楽しく交流を図ることができました。

DSCF0242.jpg
<受賞者を囲んでの交流会のようす>
  1. 2009/12/22(火) 16:10:49|
  2.   イベントなど

尾瀬ガイダンス ~尾瀬エコツーリズムがめざすもの~ を開催しました

尾瀬ガイダンスを今年も開催し、旅行会社さんや出版社さんを対象に、尾瀬での
エコツアーについての勉強会を行いました。
これで尾瀬ガイダンスも13年目となり、ガイダンス開始当初に比べると、旅行会社さんの
意識の高さや、より実践的な知識・技術を求めている雰囲気が感じられました。

正式な報告は後日に回させていただくとして、まずは当日の雰囲気のみお伝えします。


IMG_1432 (Medium)

今回もガイダンスの受付についてご協力をお願いしたところ、尾瀬ボランティアの清塚さんが
快く参加していただきました。忙しい年末の時間を縫って参加いただき、ありがとうございました。
受付にはガイダンス資料だけでなく、尾瀬の麓の片品村・檜枝岐村・魚沼市のパンフやポスター、
また東京電力自然学校のチラシなど、参加者に持って帰っていただきたい情報が満載でした。


IMG_1457 (Medium) IMG_1450 (Medium)

ガイダンス中のようす。
今回は当財団の植原・小野里を中心に、エコツアーの提案・実践というプレゼンを行ったほか、
白石尾瀬山小屋組合長にお越しいただき、「尾瀬での過ごし方提案」というテーマで山小屋の
魅力を中心にお話いただきました。


IMG_1444 (Medium)

2時間をめいっぱい使ったガイダンスでしたが、お役に立てる情報が少しでもあれば幸いです。
閉会後も旅行会社さんからツアー作りに関するご質問や、出版社さんから尾瀬記事に関する
ご質問いただきました。来年度の尾瀬ツアーがよりよく、また尾瀬の自然に配慮した内容になる
よう、当財団もご協力させていただきますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。



担当:安類
  1. 2009/12/22(火) 10:14:31|
  2.   普及啓発

尾瀬山小屋組合さまから御寄付をいただきました

2009年12月14日、尾瀬山小屋組合様より20万3千円のご寄付があり、尾瀬山小屋組合白石組合長から尾瀬保護財団入沢常務理事に寄付目録が手渡されました。

尾瀬山小屋組合寄付贈呈式


尾瀬山小屋組合様では平成10年より各山小屋、休憩所に募金箱を設置し、毎年、この時期にそのシーズン中に募金箱に入れられた募金を集めて尾瀬保護財団にご寄付を頂いてきました。今回の寄付を含めてその額は500万円を超え、506万円余りになりました。
  1. 2009/12/14(月) 10:40:33|
  2.   寄付等

第一回尾瀬山ノ鼻冬季調査に行ってきました

12月3日(木)から1泊2日で閉鎖後のビジターセンターや公衆トイレ、橋の状況を調査する為に山の鼻ビジターセンターに行ってきました。
既に片品村の戸倉から先の道路は冬季閉鎖されていて、一般の方が尾瀬に入ることはできませんが、特別な許可をもらって鳩待峠まで車で入り、そこからは徒歩で入山です。

この時期の調査は毎年行われているものですが、今年は例年になく、登山道には雪が少なく、わずかに日陰に白いものが見えるといった状態でした。もちろん、尾瀬を歩いているのは我々以外には一人もいません。

新雪の尾瀬ヶ原より至仏山を望む
               <新雪の尾瀬ヶ原>

3日夜からは雪が降りはじめ、一時は下山できるか不安になりましたが、翌朝には雪も小降りになり、調査も順調に終わり予定通りに戻って来れました。

積雪の木道を歩く
               <山ノ鼻~鳩待峠へ登る>

既に尾瀬は真冬の季節。今回こそ雪に“襲われる”ところまではいきませんでしたが、そこには人を寄せ付けない厳しい自然がありました。

  1. 2009/12/08(火) 17:29:31|
  2.   施設管理

ふくしま環境エネルギーフェア2009に出展しました

平成21年12月5日(土)と6日(日)、ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)で開催された「ふくしま環境エネルギーフェア2009(主催:福島県、地球にやさしい”ふくしま”県民会議)」に出展しました。このイベントは、地球温暖化防止に向けた取り組みを、福島県民総参加型の運動として盛り上げていくために開催されたもので、環境保護や環境教育など環境に関する団体も多く出展し、豊かな自然を未来に残していくことの大切さなどの啓発活動も積極的に行われました。
尾瀬保護財団は、尾瀬保護財団ブースを設置し、尾瀬の自然を守り、適正な利用を推進していくために、パネル展示、尾瀬国立公園ジオラマ展示、そしてビジターセンタースタッフ装備品展示等を実施しました。
2日間にわたり、多くの方にご来場いただき、尾瀬を通じた楽しい交流をさせていただきました。本当にありがとうございました。

DSCF0156.jpg
<オープニングセレモニー(左から二番目に佐藤福島県知事)>

DSCF0172.jpg
<イベント会場のようす>

DSCF0141.jpg
<尾瀬保護財団ブース>

DSCF0158.jpg
<財団ブースには多くの方にご来場いただきました>

  1. 2009/12/07(月) 17:09:09|
  2.   イベントなど

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。