尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬林業様より寄付の贈呈がありました

2009年3月25日、尾瀬保護財団事務局において、尾瀬林業株式会社 取締役 緑化環境本部長 桑原様より笛田事務局長に10万円の寄付の贈呈がありました。

尾瀬林業寄付贈呈式

これは、尾瀬林業様が販売されているミネラルウォーター「山小屋の休日」の売上金の一部を尾瀬の保護活動にと寄付されたものです。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 19:13:09|
  2.   寄付等

第2回冬期調査を実施しました

 3月16日(月)から18日(水)まで3日間をかけて、冬期調査として9名で尾瀬に入りました。今回の目的は、山の鼻ビジターセンター等の除雪と各施設の点検です。山ノ鼻地区に到着し、建物周辺の状況を確認した後、早速除雪開始です。気温の高い日が続いたために雪は重く、積雪の下部は氷層になっており苦労もありましたが、例年より積雪が少なかったので、作業は順調に終えることができました。

CIMG0016.jpg
<上山時にヘリコプターから撮影した尾瀬ヶ原と燧ヶ岳>

IMG_1053.jpg
<山の鼻ビジターセンターの除雪作業のようす>

 2日目は、下ノ大堀川橋を除雪するため、スキーで下ノ大堀を目指しました。やはり尾瀬ヶ原も例年より雪が少なく、積雪深は2m前後のようでした。
 何れの施設も、昨年の11月にビジターセンタースタッフが下山する際に、しっかりと冬支度を施していますので、大きな問題はなく作業はすべて完了しました。。尾瀬の本格的シーズンまでは、もうしばらくですが、シーズンを迎えるための準備がいよいよ始まります。

CIMG0074.jpg
<下ノ大堀川橋の除雪作業のようす>

 なお、今回の調査の際に、新規に製作した「尾瀬国立公園ジオラマ(立体模型)」をビジターセンター内に搬入しました。このジオラマは、会津駒ヶ岳や田代・帝釈山など拡張地域を含んだもので、尾瀬国立公園を立体的に捉えるには最適です。シーズンが始まりましたら、山の鼻ビジターセンターにお立ち寄りの上、是非ご覧ください。
  1. 2009/03/19(木) 16:15:50|
  2.   施設管理

会津信用金庫様からの寄付贈呈式が行われました

2009年3月13日、会津信用金庫様より昨年9月から今年1月まで発売していた定期積金”エコロジー積金「尾瀬」”より100万円の寄付をいただきました。
福島県を地元としていることから、福島県庁で贈呈式が行われ、まず、会津信用金庫 斎藤理事長から目録が尾瀬保護財団 佐藤副理事長(福島県知事)に贈呈され、続いて佐藤副理事長より感謝状と記念品の写真パネルが渡されました。

会津信金 贈呈式

==> 寄付者紹介のページはこちらから
  1. 2009/03/17(火) 09:11:10|
  2.   寄付等

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。