尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成19年度尾瀬ガイダンスが開催されています!

実施日:平成19年12月4日

尾瀬保護財団では設立当時から旅行会社・出版社を対象に、尾瀬の適切な利用と、来年度ツアー企画時の参考となるような情報発信を「尾瀬ガイダンス」として行っています。

この日は東京でのガイダンスを開催し、12月の忙しい中を約70名の参加がありました。
今年はシーズン途中で「尾瀬国立公園」が誕生したこともあり、来期の準備や多方面への協力呼びかけがますます必要になってくると思われます。

平成19年度尾瀬ガイダンス(東京) 平成19年度尾瀬ガイダンス(東京)

今月20・21日には大阪や福岡でも開催される予定です。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/07(金) 16:41:30|
  2.   普及啓発

尾瀬ヶ原の第一回冬期調査を行いました

実施日:平成19年12月4~5日

山の鼻ビジターセンターで冬期調査に行ってきました。これから本格的な冬を迎えるにあたって、各種施設の状態を確認しておこう、というものです。久しぶりの雪に足をとられながら、鳩待峠から山ノ鼻地区、そして尾瀬ヶ原へと足を伸ばしてきました。
人気(ひとけ)のない湿原、凍結した池塘、地上を白く覆う新雪、強風と雪の重みで倒れた枯ヨシ・・・。そこには、オンシーズンとは対極的な静寂が広がっていました。いつもなら簡単に歩き回れる木道も姿を隠しており、先に進むのもはばかれるほど。自然とゆっくり歩くことになり、寒さがこたえる一日でもありました。

冬期調査(山ノ鼻地区) 冬期調査(至仏山)
冬期調査(尾瀬ヶ原)


上山時はピーカン、下山時は吹雪、と荒っぽい天候にみまわれ少々苦労しましたが、雪の尾瀬は格別なものがあります。このまま雪に閉じこめられる訳にもいかないからなあと思いつつ、後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。次はいつ行けるかなあ・・・。早く行きたいなあ・・・。


追伸:施設状態は異常なく良好でした。ちゃんと調査もしています!
  1. 2007/12/07(金) 16:26:16|
  2.   施設管理

「尾瀬のツキノワグマの生態」について講演しました

実施日:平成19年12月2日(日)

毎回、大変興味深い内容の講座を開いている「奥利根自然センター主催 自然生態に関する公開講座2007」に、呼んでいただきました。
 約20名の方が参加して下さいました。皆さん、尾瀬のベテランの方ばかりなので緊張していましたが、温かい目で聞いていただけました。このHPをみて東京から参加して下さった女性の方がいらっしゃったそうです。ありがとうございました。
講演ではまず、「1 ツキノワグマってどんな動物?」というテーマでツキノワグマの体の大きさや生態などについてお話ししました。そして講演の本題となる「2 尾瀬のクマ対策-生態調査と保護管理-」について話しました。尾瀬保護財団が環境省から委託を受けるまでのいきさつや委託されている内容、現在作成途中の保護管理マニュアルについて説明しました。そして最後に「3 今年の尾瀬のクマ」というタイトルで今年の調査結果の概要や今後の課題についてお話ししました。
大変熱心に聞いて下さり、終わったあと、質問も色々出ました。また、激励のお言葉も頂きました。大変いい機会をつくって頂いた内海廣重所長に改めてお礼を申し上げます。

ツキノワグマの生態スライドツキノワグマの生態スライド
ツキノワグマの生態スライド
ツキノワグマの生態スライド
  1. 2007/12/05(水) 14:42:40|
  2.   普及啓発

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。