尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬山開きが行われました。

平成25年5月23日(木)に尾瀬山開きが行われました。
尾瀬の山開きは、群馬県側と福島県側で交互に行われており、
今年は、福島県側の御池登山口で行われました。
当財団からは須藤事務局長が出席し、登山者の安全を祈願させていただきました。
また、同日尾瀬沼ビジターセンターも開館しました。
今年も山の鼻、尾瀬沼両ビジターセンターで皆さまのお越しをお待ちしておりますので、
是非お立ち寄りください。

130523尾瀬山開き
スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 16:06:34|
  2.   イベントなど

NHK「わたしの尾瀬」写真展(千葉展) ~6/19まで開催中です

 魅力あふれる尾瀬のすばらしさ、そして自然の大切さを実感していただくため、第16回NHK「わたしの尾瀬」写真展を6/8(金)~19(金)まで、NHK千葉放送局1階ロビーホールにて開催中です。

 6月10日(日)は、尾瀬の魅力を少しでもお伝えしたいということで、基本的な情報から最新の尾瀬に関する情報をまとめたスライドレクチャーを実施しました。
 尾瀬には行ったことはないけれども、いつかは行ってみたいというご家族のみなさん、以前に訪れた尾瀬のすばらしい景観を守るため、何か協力はできないかと熱く語っていただいたみなさんが集まっていただき、本当に感謝しております。

 まだまだ、写真展は開催していますので、是非、おいでいただきますようお願いいたします。

IMG_0546_convert_20120611164141.jpg IMG_0541_convert_20120611164004.jpg



担当:企画課 友松 


  1. 2012/06/11(月) 16:58:22|
  2.   イベントなど

尾瀬弁当コンテストに審査員として参加しました

 平成22年5月9日(日)、新潟県魚沼市で開催された「尾瀬弁当コンテスト」に審査員として参加させていただきました。尾瀬弁当コンテストは、湯之谷温泉郷・尾瀬ルート活性委員会の主催で、魚沼の豊かな食材を生かしたお弁当を提案し、食の面から地域の魅力を発信するとともに、尾瀬へのハイキングや魚沼市内の散策が、より魅力的なものになるようにと開催されたました。
 今回は、学生さんからの応募もあり、たくさんのお弁当がコンテストに出品されました。どのお弁当も、魚沼の食材を上手にアレンジし、個性的で味わい深いものばかりで、甲乙をつけるのがとても難しかったです。

IMG_0986.jpg
(審査会場のようす)

IMG_0988.jpg
(応募されたお弁当)

 厳正な審査の結果、”尾瀬・ハイキング部門”の金賞は、大桃久子さんに、そして、”一般会席部門”の金賞は、橘宏美さんに決定しました。
 今回のコンテストを通じて、尾瀬の麓の地域の素晴らしい食文化を改めて感じました。尾瀬への山行には、是非、地域の特色が凝縮されたおいしいお弁当を持っていきたいですね!



○関連URL(主催者:湯之谷温泉郷・尾瀬ルート活性委員会ホームページへのリンク)
http://www.uonumakaraoze.com/index.html
  1. 2010/05/11(火) 11:30:42|
  2.   イベントなど

第14回NHK「わたしの尾瀬」写真展前橋展を開催しています

 第14回NHK「わたしの尾瀬」写真展前橋展が、本日より群馬県庁1階県民ホールにてはじまりました。今回はフォトコンテストの入選作品50点を展示する他、昨年片品村で実施された「片品村尾瀬文学賞尾瀬国立公園俳句大会」で入選された俳句の展示、群馬県・福島県・新潟県の共催で実施された「尾瀬子どもサミット」に参加した児童・生徒が尾瀬について学んだ成果なども展示しています。尾瀬の魅力がたっぷり詰まった写真展です。是非、御来場ください。
 開催期間は平成22年1月19日(火)正午までで、開催時間等の詳細は下記URLを御参照ください。なお、期間中は「尾瀬卓上フォトカレンダー2010」など、尾瀬に関するグッズ販売も行っています。

第14回NHK「わたしの尾瀬」写真展前橋展について

DSCF0322.jpg

DSCF0333.jpg
  1. 2010/01/15(金) 19:47:54|
  2.   イベントなど

第11回尾瀬フォーラムを開催しました

尾瀬国立公園が29番目の国立公園として誕生し、これまで以上に自然保護の精神と適正な利用を進めることが必要とされている中で、みんなの尾瀬をみんなで考えるために、平成21年12月18日(金)に第11回尾瀬フォーラムを高崎シティギャラリーで開催しました。

今回のテーマは、”美しい至仏山を未来に残すために~至仏山保全対策を考える”です。数々の貴重な高山植物や圧倒的な眺望など、至仏山の魅力は数え上げることができません。しかし、至仏山は長年の利用の影響などにより登山道周辺を中心に荒廃が進み、これまでも様々な保全対策が行われてきました。至仏山の美しさの背後にある自然の特徴や、至仏山で実施されている保全対策の経過やその内容を知り、至仏山に関する疑問を解消しながら、至仏山を守るために大切なことを理解していただくために、今フォーラムを開催しました。

まず、東京学芸大学教育学部教授で、至仏山環境調査専門委員会委員長の小泉武栄先生に「名峰至仏山 その特異性と美しさ」と題して講演をしていただきました。至仏山の自然の美しさや魅力は、至仏山が主に蛇紋岩によって成り立っていることや、残雪の影響を受けた植生分布から生まれていることなどをお話いただきました。特に興味深かったのは、東面登山道の森林限界の話です。東面登山道の森林限界は、気象条件から推定されるよりも700mほど低い1650m付近ですが、その特徴は約2万年前の最終氷期に基盤の蛇紋岩が凍結破砕作用を受けて大きく割れ生産された岩塊斜面の影響によるもので、岩塊斜面の末端がちょうど森林限界になっているということです。森林限界より上では、蛇紋岩が持つ有毒な金属の影響を受けない低木林が生育しているそうです。

IMG_2264.jpg
(小泉先生による講演会のようす)

次に、尾瀬保護財団の笛田事務局長からは、これまでの至仏山の保全対策の経過や現在取り組まれている対策の内容についての報告がされました。

IMG_2283.jpg
(笛田事務局長による報告のようす)

その後、日本自然保護協会の横山隆一さんより、平成15年から2年間、至仏山の自然環境を科学的に把握するために実施された「至仏山環境共生推進計画調査」の結果概要が報告されました。報告では、植生分野、地生態分野、利用動態分野でそれぞれわかったことを整理した上で、登山道が荒廃するメカニズムや、それぞれの箇所に応じた保全対策が必要であることなどが説明されました。

IMG_2287.jpg
(横山さんによる報告のようす)


また、会場との意見交換会では、今年度から実施されている環境調査に対する質問、至仏山保全対策に関する情報提供のあり方に関する意見、鳩待峠からオヤマ沢田代間の登山道の洗堀への対策に関する質問などが会場の皆さんからありました。各質問へは、登壇した至仏山の保全対策に係わる関係者が、現在の実施している対策の内容や、今後の予定などを説明しました。

IMG_2292.jpg

IMG_2317.jpg
(会場との意見交換会のようす)

今回の尾瀬フォーラムをきっかけに、関係者や登山者の皆さんと協力しながら、至仏山の保全対策を推進していけるよう努めていきます。
  1. 2009/12/22(火) 17:58:44|
  2.   イベントなど
次のページ

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。