FC2ブログ

尾瀬保護財団の活動紹介

第14回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト表彰式を行いました

平成21年12月18日(金)、高崎シティギャラリーにて、第14回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの表彰式を行いました。今回のフォトコンテストでは、全国より831点の応募があり、厳正なる審査の上、風景の部、動植物の部、保護の部より50点が入賞作品として選出されました。

表彰式では、新井幸人審査委員長より「全体的にレベルの高い写真が多く、会津駒ヶ岳や田代山・帝釈山といった新しく尾瀬国立公園に入ったエリアの写真が増えた。今後は、あまり人が撮影しない場所での写真にチャレンジしてほしい。また、技術的には、レンズ・絞りの工夫をしたり、デジタルカメラで撮影した写真は色処理をあまりしないようにしたほうがよい」、今井隆一審査員より「尾瀬への愛、写真への愛を込めて撮影し、やさしい写真、余裕のある写真を撮ってほしい」と、審査講評とお祝いの言葉をいただきました。

IMG_2208.jpg
<新井幸人審査委員長による審査講評>

IMG_2211.jpg
<今井隆一審査員による審査講評>

入賞者のみなさんには、賞状、トロフィーや記念品が贈呈され、尾瀬の自然の一瞬のきらめきや、自然保護の精神を高める写真を撮影された功績が讃えられました。

IMG_2215.jpg
<中村実行委員長(NHK前橋放送局長)から賞状を授与される風景の部金賞を受賞した新井豊さん>

IMG_2253.jpg
<笛田実行副委員長(尾瀬保護財団事務局長)から賞状を授与される尾瀬保護財団賞を受賞した大津賀禮子さん>

表彰式後の交流会では、入賞者と尾瀬関係者との間で、尾瀬の思い出話を中心に盛り上がり、楽しく交流を図ることができました。

DSCF0242.jpg
<受賞者を囲んでの交流会のようす>
  1. 2009/12/22(火) 16:10:49|
  2.   イベントなど

ふくしま環境エネルギーフェア2009に出展しました

平成21年12月5日(土)と6日(日)、ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)で開催された「ふくしま環境エネルギーフェア2009(主催:福島県、地球にやさしい”ふくしま”県民会議)」に出展しました。このイベントは、地球温暖化防止に向けた取り組みを、福島県民総参加型の運動として盛り上げていくために開催されたもので、環境保護や環境教育など環境に関する団体も多く出展し、豊かな自然を未来に残していくことの大切さなどの啓発活動も積極的に行われました。
尾瀬保護財団は、尾瀬保護財団ブースを設置し、尾瀬の自然を守り、適正な利用を推進していくために、パネル展示、尾瀬国立公園ジオラマ展示、そしてビジターセンタースタッフ装備品展示等を実施しました。
2日間にわたり、多くの方にご来場いただき、尾瀬を通じた楽しい交流をさせていただきました。本当にありがとうございました。

DSCF0156.jpg
<オープニングセレモニー(左から二番目に佐藤福島県知事)>

DSCF0172.jpg
<イベント会場のようす>

DSCF0141.jpg
<尾瀬保護財団ブース>

DSCF0158.jpg
<財団ブースには多くの方にご来場いただきました>

  1. 2009/12/07(月) 17:09:09|
  2.   イベントなど

第11回ぐんま環境&森林フェスティバルに出展しました

平成21年10月25日(日)、群馬県太田市で開催された「ぐんま環境&森林フェスティバル(主催:ぐんま環境&森林フェスティバル実行委員会)」に出展しました。このフェスティバルは、郷土の美しい環境を保全しながら、恵まれた群馬の環境を次世代に継承していくために開催されたものです。
尾瀬保護財団は、尾瀬保護財団ブースを設置し、尾瀬の自然を守り、適正な利用を推進していくために、パネル展示、物品販売、そして尾瀬国立公園クイズ等を実施しました。
この日は、冷たい秋風が吹くあいにくの日でしたが、多くの方にご来場いただき、尾瀬を通じた楽しい交流をさせていただきました。本当にありがとうございました。

IMG_1157.jpg

IMG_1162.jpg
  1. 2009/10/27(火) 09:27:01|
  2.   イベントなど

2009新宿御苑みどりフェスタ「国立公園フェア」に出展しました

 平成21年4月29日(水)<昭和の日>に、東京都新宿区にある国民公園新宿御苑で開催された”2009新宿御苑みどりフェスタ「国立公園フェア」”に出展しました。
 当日は快晴でとても気持ちがよい日で、多くの方に尾瀬保護財団ブースを訪れていただきました。本当にありがとうございました。
 訪れた皆様も尾瀬のシーズンがいよいよ訪れるのを前に、期待に満ちあふれ、尾瀬での思い出話や楽しみにしていることなど、いろいろなお話をすることができ、尾瀬を愛する方々と素晴らしい交流が図れたと感じています。

CIMG0240.jpg
(クリックすると拡大されます)

CIMG0255.jpg
(クリックすると拡大されます)
  1. 2009/04/30(木) 19:44:27|
  2.   イベントなど

第10回尾瀬フォーラムを開催しました

 昨年8月に、尾瀬国立公園が29番目の国立公園として誕生し、これまで以上に自然保護の精神と適正利用を推進していくことが求められている中で、みんなの尾瀬をみんなで考えるために、平成20年12月19日(金)に第10回尾瀬フォーラムを高崎シティギャラリーで開催しました。
 今回の尾瀬フォーラムでは、当財団スタッフの根岸理佳子が「今シーズンの尾瀬を振り返って」というテーマでミニレクチャーを行いました。ミニレクチャーでは、今シーズンの尾瀬のトピックス、花の開花状況、尾瀬に棲む動物の状況など報告し、昨年度より、尾瀬国立公園に編入された田代・帝釈山や会津駒ヶ岳の様子も説明しました。このミニレクチャーを通じ、今シーズンの素晴らしい尾瀬の思い出に浸りながら、新しい尾瀬の魅力を発見できたのではないでしょうか。
 その後の講演会では、フラワーエコロジストの田中肇先生に「尾瀬の花のふしぎと魅力を探る」と題して、お話をしていただきました。尾瀬に咲く花々を季節ごとに紹介していただき、それぞれの花が特徴的な形や色などを持っている理由を、ユーモアを交え楽しくお話していただきました。特に、興味深かった花は、ミズバショウ。田中先生曰く、ミズバショウは”スーパー植物”であり、繁殖を続けるためにいくつもの工夫をしている植物であるということです(ミズバショウの特徴については、財団機関誌「はるかな尾瀬vol.5」のリレーエッセイで田中先生が執筆されています)。田中先生のお話を通じ、尾瀬の花がいかに工夫して受粉を行いながら生育しているかという、まさに尾瀬の花の不思議を解き明かすことで、花と昆虫の結びつきを知り、そして、それらの生物が生きている尾瀬の自然の貴重さを改めて感じることができたことと思います。
 今回の尾瀬フォーラムを通じて、尾瀬の自然環境への理解を深め、魅力を再確認し、自然保護への意識を高めていただければと考えています。

フォーラム1

フォーラム2
  1. 2008/12/21(日) 10:46:21|
  2.   イベントなど
前のページ 次のページ

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク