尾瀬保護財団の活動紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

移動尾瀬自然教室を実施しています

尾瀬保護財団では群馬県から委託を受けて、移動尾瀬自然教室を実施しています。

尾瀬のシーズン中は現地のビジターセンターに常駐している職員が、シーズンオフの冬季に、
群馬県内の小学校・中学校を対象に尾瀬の自然のしくみや、自然と人とのつながりから、
私たちが自然を守るためにできることなどを伝えることを目的として実施しています。

今回は12月は2校目となる、安中市の小学校におじゃましました。
移動教室

プロジェクターの映像を中心に、
ワークシートや尾瀬の生き物の毛皮やぬいぐるみなどを用いて楽しく学んでもらいます。

移動教室ぬいぐるみ
尾瀬にはいろいろな動物たちがいます。
その中でもやはり、子どもたちにはオコジョやヤマネが人気者のようです。
茶色のオコジョと白いオコジョのぬいぐるみ、色が違うのは?
シカの頭骨やウサギの毛皮の肌ざわりなど実際に触って学んでもらっています。

群馬県では、群馬の子どもたちに一度は尾瀬に訪れてもらいたいと、
小中学校を対象とした「尾瀬学校」事業を実施しており、
県内の6割近くの子どもたちが参加しています。

この移動尾瀬自然教室では、まだ尾瀬を訪れたことのない子どもたちを対象に、
まずは尾瀬がどんなところかを知ってもらうこと、
こんな仕事もあるんだと知ってもらうことを意識しながら、授業を行いました。

これからシーズン入りする前の3月まで、県内の学校を回ります。

くわしくは群馬県のHP
「移動尾瀬自然教室の募集」
「群馬県では尾瀬学校を推進しています」
をごらんください

担当:大泉
スポンサーサイト
  1. 2014/12/22(月) 15:41:22|
  2.   環境教育

移動尾瀬自然教室を実施しています

12月17日、
移動尾瀬自然教室と題して、尾瀬の出前授業に行ってきました。

シーズン中は現地のビジターセンターで常駐している職員がシーズンオフの期間を利用し、
群馬県からの委託を受けて、群馬県内の小学校・中学校を対象に尾瀬の自然のしくみや、
自然と人とのつながりから、私たちが自然を守るためにできることなどを目的として実施しています。

今回は太田市の小学校。
プロジェクターの映像を中心に、ワークシートや尾瀬の生き物の毛皮やぬいぐるみなどを用いて
楽しく学んでもらいます。
移動教室ブログ用

群馬県に住んでいても、尾瀬に行ったことのある子は少なく、尾瀬を知らない子もいます。

まずは尾瀬がどんなところかを知ってもらうこと、
こんな仕事もあるんだと知ってもらうことを意識しながら、授業を行いました。

これからシーズン入りする前の3月まで、県内の学校を回ります。

担当:大泉
  1. 2013/12/24(火) 16:05:22|
  2.   環境教育

「尾瀬を知る」フィールド講座 「尾瀬湿原復元の歩み」を開催しました

実施日:平成24年9月29日~30日

とうとうシーズン最後の講座です!
去年も同じことを書きましたが、最後の講座はズバリ! 「私たちが一番伝えたいこと」をテーマに設けました。
それが、尾瀬の湿原復元の歴史についてです。

「植生復元」と呼ばれるこの作業は、かつて木道が無かった頃に荒れ始めた湿原を人間の手で元に戻すというもので、いわば「湿原への恩返し」という作業です。
実はこの植生復元ですが、尾瀬が国内でも最も早い頃から取り組んでいるもので、そこで培われた知見や技術は、世界的にも稀なものだという事はあまり知られていません。

何気なく通過してしまっている湿原に、かつてどんな事が起きて、そしてその復元にどれだけの時間をかけてきたのかをみんなで見て・考えようというのが、この講座のねらいです。


前置きが長くなりました。
いつものように当日の写真でようすをお伝えしますね。


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」IMG_0726 (Large)

この講座は例年10月に入ってから開催されていましたが、せっかくなので、尾瀬沼の草紅葉も見ていただきたい!
ということで9月末に開催されました。
写真は三平峠付近から大江湿原を撮影したもの。スタッフの携帯電話で撮影したので、あまりよく撮れていませんが、湿原は「錦秋」と呼ぶのがぴったりのようすでした。


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110329 (Large) 20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110326 (Large)

大江湿原。
(左)大江湿原から三本カラマツ方向。
(右)大江湿原から燧ヶ岳方向。
草紅葉は秋の青空との対比が本当に美しいですね!


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110335 (Large) 224519_477458565620153_1457147619_n.jpg

(左)開花している植物はほとんどありませんが、この時期は植物たちが子孫を残すために色々な工夫を凝らしているのが見られます。写真はヤナギラン。秋の乾いた空気に乗って種を飛ばしていました。
(右)で、そうだ! 講座でした・・・。「植生復元」という難しいテーマでしたが、17名のご参加をいただきました。通常であれば座学をやってから現地を見学・・・という流れでしたが、台風17号の接近もあり、先に現地見学を行いました。みんなで沼尻に行き、何故ここが荒れてしまったのか? どうやって復元してきたのか? これからの展望や課題 等々を2班に分かれて見ていただきました。


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110346 (Large) 20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110343 (Large)

沼尻から戻ってきた後は、会場でのんびり~。
今回は長蔵小屋さんのご好意から、別館をお借りしました。
(左)写真左奥が別館。右手前は昨年の会場だったANNEX2。
(右)別館2Fが宿泊部屋です。特に写真の5号室は角部屋で、なんと燧ヶ岳や大江湿原が一望出来るという好ロケーション! 部屋でのんびりしながら、尾瀬沼の夕暮れや朝焼けが見られるなんてリッチ~。残念ながら女性参加者のお部屋でしたので、私は見る事ができませんでしたが・・・。コタツがあるところも、季節を感じさせますね。


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110355 (Large) 20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110357 (Large)

翌日は別館1Fフロアーで座学を開催しました。
(左)昨日見ていただいた沼尻だけでなく、尾瀬全体でこれまで取り組まれてきた植生復元の歴史や、今現在も続いている作業内容を、講師の桜澤さんからお話いただきました。
(右)真面目な講座でしたが、進行は終止なごやか~な感じでした。1Fは喫茶店も兼ねているので、講座途中でコーヒーブレイクを入れたり、窓越しに燧ヶ岳と雲の流れを見たりと、秋晴れの講座らしい雰囲気でした。


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110359 (Large)

台風17号が接近していることもあり、2日目は早めに解散。
みんなで別館横のテラスに出て記念写真。
おかげさまで今シーズン全9回の講座を無事に終了することができました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
この講座を通じて、尾瀬の持つさまざまな魅力に触れ、尾瀬ファンになっていただければと思います!


20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110363 (Large) 20120929~30フィールド講座「尾瀬湿原復元のあゆみ」P1110372 (Large)

で、解散後は台風から逃げるように(近づくように!?)下山。
(左)いつもより速度を上げて通り過ぎてゆく雲が印象的でした。
(右)そういえば今日(9月30日)は中秋の名月でした。大清水への帰り道でススキを見て、はっと気がつきました(笑)。



担当:安類(あんるい)
  1. 2012/10/01(月) 11:00:10|
  2.   環境教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「尾瀬を知る」フィールド講座 「会津沼田街道をたどる」を開催しました

実施日:平成24年9月22日(土)~23日(日)

尾瀬では草紅葉が見ごろを迎えていますが、そんな風光明媚な場所にかつて街道があったのをご存じでしょうか?
福島県会津若松市から尾瀬沼を経て、群馬県沼田市に続くこの道は、「会津街道」または「沼田街道」と呼ばれ、東北と関東とを結ぶ重要な街道でした。

この講座では、そんな往時を偲ぶ道のりをみんなで歩きながら、尾瀬が持つ別の姿を感じる事を目的に開催しました。自然分野のテーマが多かった「尾瀬を知るフィールド講座」でしたが、このテーマにも13名の方にご参加いただきました。

ということで、いつものとおり写真でその時のようすを少しおすそわけ。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1000299 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110207 (Large)

今回の講座には講師として地元ガイドの星光幸さんをお招きしました。
光幸さんは尾瀬認定ガイドであり、尾瀬の麓の七入山荘のオーナーでもあります。
 (左)今回の集合場所は沼山峠バス停。いくつかの諸注意と準備体操をしたら・・・
 (右)尾瀬沼とは反対方向に向かって歩き始めます! あまり知られていませんが、ここから七入までの道のりは「道行沢(みちぎさわ、みちゆきざわ)」と呼ばれ、街道の雰囲気を最も残している場所なんです。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110215 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110232 (Large)

道の途中には、
 (左)山の神さまの祠があったり、
 (右)地元・檜枝岐村民が、夏になると山に入って出作りをしていた歴史を感じることができます。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110264 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110252 (Large)

 (左)なによりも素晴らしかったのがこの森の雰囲気。木漏れ日が気持ち良い初秋トレッキングに、参加者も私も癒されていました。
 (右)途中の橋で休憩と昼食。ここで光幸さんがナメコ汁を振る舞ってくれました。ナメコは昨年獲れたものを使いましたが、これには参加者のみなさんもビックリしていました。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110270 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110283 (Large)

 (左)七入までの道のりは5.6km。光幸さんの解説とこの場所の雰囲気の良さで、時間を忘れてしまいます。
 (右)道行沢には5つの橋が架かっており、七入から沼山峠方向に向かって「○番橋」と名前が付けられています。とてもシンプルで分かりやすいネーミングですが、当時行き来していた人たちが何を考えていたのかを考えると、とてもノスタルジックな気持ちになります。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110280 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110275 (Large)

 (左)途中、光幸さんが教えてくれた面白いブナの巨木。
 (右)終止なごやかな雰囲気で、4時間のトレッキングがあっという間に終わりました。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110292 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110298 (Large)

七入山荘で少し休憩をとった後は檜枝岐村内へ移動。
実はこの日は伝統ある檜枝岐歌舞伎の特別公演の日だったのです。
この2つめのサプライズにみなさんも再びビックリ。
落成式が終わったばかりの「檜枝岐歌舞伎伝承館」を見たり、尺八と箏の特別演奏と歌舞伎を楽しんでいただきました。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7719 (Large)

で、2日目は朝から雨・・・。
またまた担当者の雨男ぶりを発揮してしまい、申し訳ありません。
秋雨の中でも参加いただいた皆さんの熱心さは変わらず、今度は沼山峠バス停から、尾瀬沼を往復しました。


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7731 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7736 (Large)

いつもは自然ガイドをする所ですが、今回はテーマを歴史や文化に絞ってご案内しました。
 (左)戊辰戦争時代に作られたと言われる「土塁跡」
 (右)物々交換の場所の一つとも言われた「尾瀬のいんぞう」


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7754 (Large) 20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7750 (Large)

 (左)尾瀬を水彩画で紹介した「大下藤次郎の碑」
 (右)尾瀬沼畔に点在するイチイの大木の謎
などをご紹介しながら三平下に移動し・・・


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」IMG_7773 (Large)

最後は尾瀬沼山荘さんに飾られている、交易に使われた古銭をみんなで見学しました。
沼山峠で解散するまで、ずっと雨に降られっぱなしでしたが、いつもとは違う尾瀬の姿をご覧いただけたかと思います。
私が印象的だったのは、アンケートの最後に「ぜひ照る照る坊主のお守りを身に付けらん事を願う!」のひと言でした。次は旅の安全のために持ち歩きたいと思います!


20120922~23フィールド講座「会津沼田街道をたどる」P1110237 (Large)
(集合写真 : 1日目の途中にある「抱返ノ滝」にて)



担当:安類(あんるい)
  1. 2012/09/25(火) 11:38:11|
  2.   環境教育

「環境学校エコカレッジ」 にガイド協力しました

実施日:平成24年9月17日(月・祝)

群馬県環境政策課さんからのご依頼で、「環境学校エコカレッジ」にガイドとして協力してきました。
尾瀬から学ぶ自然保護だけでなく、生活環境、保健福祉といった様々なテーマでの連続講座を「エコカレッジ」では学んでいるという事もあり、意識の非常に高い参加者のみなさんでした。

ガイド中は写真撮影なしなので、以下は途中で立ち寄った、
山の鼻ビジターセンターで開催している「環境学習ミニガイドツアー」のようす。


20120917団体レクチャー「エコカレッジ」Evernote Camera Roll 20120917 191051 (Large)


20120917団体レクチャー「エコカレッジ」Evernote Camera Roll 20120917 191103 (Large)



写真は公衆トイレや山小屋等から出る生活雑排水を処理する、合併処理浄化槽を見学しているところ。
見学していただくと、ご自分の生活から出る排水処理と全く同じことをやっているのが分かると思います。
尾瀬と日常生活との違いは、そこが見えるようになっているかどうか? という事でしょうね。
今回のガイドでは、そんな尾瀬と日常生活との違いを伝える事を意識しました。


担当:安類(あんるい)
  1. 2012/09/25(火) 10:07:28|
  2.   環境教育
次のページ

Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント

ブログ内検索

カテゴリー

月別の記事リスト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。